正式名称はファイティングストリート。
ずっと初代ストリートファイターで検索してたけどこりゃ出ないわなヽ(`Д´)ノ
作品としては超荒削りであるが基礎がココにあるな。
リュウが赤毛で不良なのと負けた時にポテっと倒れるシュールさがたまらない。


▼Fighting Street (= Street Fighter) (PCE) Digest

昇竜拳強すぎワロタ


▼Street Fighter 1 Misc stuff

音量注意。キーンキーンと五月蝿いです。
タイガーショット糞強すぎワロタ。


昇竜拳や波動拳でゲージ半分近く減るとかまさに「必殺技」といえる威力。
近頃の「必殺技」は相手に致命傷与えないもんばかりでそろそろ名称変えろとか思う次第である。
例挙げると強化技とか特殊技という名称でいいじゃない。
ギルティにあるような「一撃必殺技」は二重にやっちゃうよ!という感じがしてなんだかな。


必殺のイメージが強かったサムスピもシリーズ重ねるごとに削りゲー化してちょっと残念。
天草降臨あたりの超殺伐が懐かしい。
どれぐらい殺伐してるかというと「怒り難いキャラが即効怒るシステム」しかも攻撃受けてる側じゃなくて攻撃してる側でありとても理不尽な逆キレ癶( 癶;:゚;;゚;)癶
斬撃で負けると胴体切断され本当に負けた気分を味わえる。
バランスは初代が一番良いという説もあるけど殺伐さは天草が一番だろう。
そして一番クソなのは斬紅郎無双剣らしい(これは未プレイ)。

>★大抵のキャラがお手軽永久・即死コンボ標準装備
>★ガード硬直中だろうとお構いなしに投げられる
>★キャンセルからコマンド投げが出るので、
>★蹴り≫コマンド投げが完全なハメ
>★サムライなのに投げハメゲー
>★斬るより小足連打のほうが強い

斬サムレビュー(外部Link)より引用。
つーかこれは酷い。初代ギルティギア並の糞バランスじゃないかwwwwwwwww
投げハメとかポチョじゃあるまいし自重しろ。



サムスピ繋がりで思い出したけど月華の剣士ってのもあったな。斬撃で倒すと胴体切断あるゲーム。
このゲーム連続技ゲーで必殺感が薄かった…のだが2ゲージある体力を1本奪う技あったりと致命傷威力のオンパレード。
ギルティのように補正無いしダイレクトでダメージ響いて強烈だったわ。
隠しキャラをコマンドで出せたりと遊び要素あったが近年こういうの減ったね。
式神の城やメルブラで僅かに残ってるぐらいか。







Wikipediaに初代ストリートファイターの詳細キャラ情報載ってた。

* 隆(リュウ) - 1P側のプレイヤーキャラクター。『ストリートファイターII』以降はカタカナ書きの"リュウ"となっている。
* 拳(ケン) - 2P側のプレイヤーキャラクター。こちらも『II』以降での名前はカタカナ書き。本作では隆と性能は同じ。
* 烈(レツ) - 日本代表。剃髪していて、僧のような風貌をしている。少林寺拳法を学んでいたが、私闘を繰り返したため、破門にされたという設定。アメリカンコミック版では剛拳の旧知で、少年時代のリュウと手合わせしているが、殺意の波動の片鱗を見せたリュウに叩き伏せられてしまう。
* 激(ゲキ) - 日本代表の忍者。
* ジョー - アメリカ代表。マーシャルアーツ使い。
* マイク - アメリカ代表のボクサー。『II』に登場するマイク・バイソンの元となったと推測される人物。
* 李(リー) - 中国代表の拳法家。『ストリートファイターIII』に登場するユン・ヤン兄弟とは親戚関係。中平正彦のコミック『さくらがんばる!』にも登場している。
* 元(ゲン) - 中国代表の暗殺拳の使い手。後に『ストリートファイターZERO』シリーズに再登場する。
* バーディ - イギリス代表。後に『ZERO』シリーズに「バーディー」の名で再登場するが、その際にはデザインが大きく変更されている。
* イーグル - イギリス代表。2本の棍棒を武器とする。後に『CAPCOM VS. SNK 2』と『ストリートファイターZERO3↑↑』に再登場する。
* アドン - タイ代表のムエタイ使い。サガットの弟子。後に『ストリートファイターZERO』シリーズに再登場する。
* サガット - タイ代表のやはりムエタイ使いで、本作の最終ボス。本作で隆に負けたことが後の作品における彼のストーリーの根底にある。後に『ストリートファイターII』シリーズで再登場する。『II』以降でサガットの胸にある大きな傷は昇龍拳によるもの。