今使ってるノーとパソコンが消費者還元祭りで入手したInspiron1501なのですが
どうもCrystalCPUIDとの相性が悪い様で画面描画ぐちゃぐちゃになります。
単にメモリエラーかもしれんけど、交換面倒臭いので代わりに使えそうなソフトウェアを探す。
…巷にはRMClockというのがあるようで倍率、電圧変更に対応してるらしい。
今回はGoogle漁っても情報が無かった為、同じInspiron1501愛好者の為に記述を残す。

※このソフトウェアは電圧や動作環境を著しく変えるので機器が異常動作したり
故障したりする可能性が捨て切れません、壊れた場合DELLへ連絡しましょう
また、私はどんな責任も取れません(;^ω^) 2008/7/7

記事再編集 2008/7/15




■製品仕様のおさらい(メモリ交換はしましたが)

CPU
AMD Turion64 X2 Mobile TL-50
(1600MHz , DualCore , K8 , Taylor , 90nm) SocketS1

914_Turion64X2


メモリ
DDR2-SDRAM(SO-DIMM) PC-4200 512MB×2から Transcend PC-5300 1GB×2へ交換

チップセット&HDD
ATI Radeon Xpress1150 または200(RS480) SB600
Hitahi HTS541680 J9S100 80GB (S-ATA)

OS
WindowsXP Home Edition (SP2→SP3)

本体の写真
915_Inspiron1501_Turion64X2





私が求めるのは「CrystalCPUIDのような使い勝手」ですがほぼ問題なく実現可能です。
自動可変クロックや省電力モード/高性能モード固定とかね。
では詳しい使い方を見てみましょう。(英訳は出来ませんが殆ど直感で使ってます)


1.RMClockの最新版を拾ってくる

(編集時点はVer2.35)

917_Download_RMClock



RAR(圧縮)でもEXEでも良いのでダウンロード。
任意の場所に解凍・展開しましょう。
次にフォルダ内部レジストリの「RMClock WipeOut」を実行し設定初期化。
これは念のためしてる事なので基本的に不要です。

918_Install_RMClock







2.「Profiles」を編集する

実行ファイル「RMClock.exe」を起動

919_GoTo_RMClock



画面が出たら「Profile」を展開。

907_Turion64X2_RMClock.jpg

初期値は倍率関係なしに1.150vでありこのまま適用しては危険なので、
Index0(4倍)の設定でVoltageを1.150vから0.800vに、
Index4(8倍)の設定でVoltageを1.150vから1.100vにする、

これはCool'n'Quiet時の設定基準採用。ちなみに5〜7倍の電力は自動的に計算されます。

尚、CPU倍率はCPUごとに違う為要確認!!



908_Turion64X2_RMClock

後に書くけど電圧は+0.025v辺りのが全体的に安定すると思われ。
過電圧もCPUに毒だけど低電圧はもっとCPUに毒なのです。
この辺りは後記。







3.パワーモードの設定を行う

ここでは私個人が適用してるプロファイルを紹介。


・Power saving(省電力モード)

 使いたいIndexの□部分にチェックを入れる
 AC power時 Index 0(4x / 0.800v)
 Battery時   Index 0(4x / 0.800v)

909_Turion64X2_RMClock.jpg




・Maximal performance(ハイパワーモード)

 上と同じようにチェックを入れる
 AC power時 Index 2(6x / 0.950v)
 Battery時   Index 1(5x / 0.875v)

910_Turion64X2_RMClock




・Performance on demand(擬似Cool'n'Quiet、EIST)

 この時点で最低電圧を引き上げてる為若干値が違います。
 AC power時 Index 0〜2(4〜6x / 0.825〜0.975v)
 Battery時   Index 0〜1(4〜5x / 0.825〜0.900v)

911_Turion64X2_RMClock

ここにだけ特殊設定が適用出来るので解説。

まず変動させたい倍率間をチェックに入れる。
写真では下限4倍〜上限6倍。(800〜1200MHz)
次に変動タイミングの設定。

No1.Target CPU usage level(%)    可変を起こすCPU負荷設定(デフォは50%で99%上限)
No2.Up transition interval (msec)    上のステートへ押し上げる時間(デフォは200ミリ秒)
No3.Down transition interval (msec)   CPU負荷が50%になってから下のステートへ下げる時間

とことん低倍率で動かしたい場合は、負荷85%、Up10秒、Down5秒ぐらいで良いと思います。
設定したらApplyで適用し、念のためタスクバーからRestertしましょう(一旦正常終了させないとレジストリに保存されない)







4.セッティングの適用・終了

上記プロファイルを適用します。
Currentは今すぐ使うプロファイル設定。
StartUpはアプリケーション立ち上げ時の設定。
設定が終わったら右下のApplyで適用してあげましょう。
スグにクロックが可変します。(設定が悪いとフリーズします)

923_Apply_RMClock



設定忘れてもちゃんと聞いてきます。
適用するならYES、間違った場合はNO返しましょう。

924_Apply_RMClock







設定したプロファイルは歯車右クリックの「Current profile」から選択出来る。
ブラウジングはPowerSavingかPerformanceで、ゲームする時等はMaximalで良いだろう。
ちなみにROや2Dゲームする程度なら1200MHz(6x)で十分です。

913_Turion64X2_RMClock





設定した内容を恒久的に保存したい場合はレジストリをエクスポートしましょう。
場所は [HKEY_CURRENT_USER\Software\RightMark\RMClock]

920_regedit_RMClock

921_regedit_RMClock




余談だがCrystalCPUIDで設定できない0.800v以下の壁をこのソフトでは突破出来る。
試しに0.775v適用してみたが「その時」は一応大丈夫だった。
暫くの操作後、PCリセットしてしまった為あまりお勧めは出来ない。

※CPUをあまりにも低電圧で動かすと内部でエラー吐きまくりデータ化けまくるのだ('A`)
ここら辺は負荷テストパスしても気づきにくいので要注意。
本当なら4xも高負荷時考えると0.825vのが安全なんだよね、単に電圧上げる設定にするって手もあるけど。


使い勝手良いからCore2 Duo E8400で動かせるか試した。
結果はCPU未対応ということで秒速撃沈。(Ver2.35にしたんだけどなぁ)
大人しくCrystalCUPID使っておきます…

916_RMClock_Cor2Duo_Wolfdale_penryn





宜しければ、記事の感想をお願いします( ^ω^)