スパコン事業見直しとか色々言われてるけど、事業仕分けは全てチェックしないとアレっぽそうですねぇ。
財源捻出は良いんだけど手法そのものが素人のズボラ選択。
選択理由の説明会も人々を納得させる気が無い。
平たく言えば、決まったので従ってね、以上。で終わらせてる。

こういった方針通すのは「威厳」「説得力」が両立してないと無理でしょう。
普段から思慮深く、質問にはハッキリ答え、イザというとき頼りになる存在でないとね。今の政治化はそのレベルに遠く及ばない。



薬価は「見直し」 事業仕分け、「先発」は「後発」並みめざす(薬事日報ウェブサイト)2009/11/10
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20091111AT3S1101F11112009.html


【ツムラ・芳井社長】漢方薬の“保険外し”に反発‐「事業仕分け」の結論を一蹴(薬事日報ウェブサイト)2009/11/13
http://www.yakuji.co.jp/entry17252.html


おなじみのツムラ
http://www.tsumura.co.jp/


ツムラは安値から4連騰、業績増額に増配加わり売り方買い戻し(朝日新聞)2009/11/12
http://www.asahi.com/business/stock/kabuto/TKZ200911120002.html


中国の医療改革目標が確定(朝日新聞)2009/11/24
http://www.asahi.com/international/jinmin/TKY200911240298.html


ツムラ(4540) みずほ証券では医療用漢方製剤が保険適用からはずれされる可能性は低いと予想。(毎日新聞)2009/11/13
http://mainichi.jp/life/money/kabu/nsj/news/20091113185104.html


漢方医療が危ない!?事業仕分けに疑問続出(JanJanニュース)2009/11/16
http://www.news.janjan.jp/government/0911/0911143150/1.php


皆さんに緊急のお願いです。
http://lolocaloharmatan.seesaa.net/


【日本東洋医学会など4団体】漢方製剤の「保険外し」反対で署名活動(薬事日報ウェブサイト)2009/11/26
http://www.yakuji.co.jp/entry17362.html


朝日新聞社からのソースが見当たらなく、サイト内部検索しても株価情報ぐらいしか出てない。
民主に一番近いと言って過言ではないから、詳しい情報乗せてると思ったのだが…

というか、情報錯誤して分からない。
湿布レベルで保険外になるとか、毎日の言うようにそれは無いだろうと言う所もある。
2chの該当スレならまとめあるんだろうけど出勤前でそれを漁るのは時間的に無理だ。



で、まず一つ。
この話題…漢方薬を保険外にするという話。
つまり今までは認可されてたので安かったんですよね。


漢方薬 (かんぽうやく)は、伝統中国医学の一種で、日本で独自に発展した漢方医学の理論に基づいて処方される医薬品。

一般的に複数の生薬をあらかじめ組み合わせた方剤をさす。この方剤により、効能が大きく変る。甘草湯(かんぞうとう)のように甘草だけの方剤もあるが、まれな例外である。

漢方医学の特徴は、伝統中国医学と同様に体全体をみるとことにあり、「証」という概念を持っている。証は主に体質をあらわす。この点で西洋医学とは大きく異なる。体全体の調子を整えることで結果的に病気を治していく。このため、症状だけを見るのでなく体質を診断し、重んじる。西洋医学が解剖学的見地に立脚し、臓器や組織に病気の原因を求めるのとは対照的である。よって、漢方薬も「証」にもとづき患者一人ひとりの体質を見ながら調合される。



科学で作られた薬は「病原そのものを取り除く」タイプなので方向性は違いますね。
一般人は日常的に使ってないけど、薬を扱う所は日常的に使ってると思います。
その辺りはまた追って情報収集しようかしら。