同一環境ですが設定はやや違います。

CPU Intel Core2 Quad9550@3400MHz
VGA ATI RadeonHD5570@定格
MEM 4GB
HDD WD20EARS@AHCI
フルHD環境が無いためLOW(1280×720)固定


1545_FF14Bench_XP_1280x720

WindowsXP SP3
Catalyst10.6 3D設定@最適パフォーマンス(プリセット)

SCORE 2023
LOAD TIME 21137ms



1546_FF14Bench_Vista_1280x720

WindowsVista SP2
Catalyst10.4 3D設定@最適パフォーマンス(プリセット)

SCORE 2082
LOAD TIME 22960ms



1547_FF14Bench_Win7x64_1280x720

Windows7(64bit)
Catalyst10.6 3D設定@最適パフォーマンス(プリセット)

SCORE 2104
LOAD TIME 18046ms


Windows7(64bit)のスコアとアクセスタイムが優秀ですねー。といってもスコア自体が低いのでそこまで快適では無さそう。'`,、('∀`)'`,、
Vistaだけ10.4なのは10.5/10.6によるプロファイル切り替え(省電力⇔高パフォーマンス)が上手く行かなかったので断念。プロファイル起動するとフリーズ⇔復旧を繰り返して通常操作すら無理な状態に。
まあ他のスコア見る限り明確な差は無いか。


てかFF11時代から思ったんですが、こーいう系のベンチは動作設定もうすこし詰めれるようにしないと動作検証にならんですよ。
βテストがRadeonカクカクとかGeforce描画崩壊とか色々言われてたようですし。何してるんだろーかスクエニはっ