意味がよくわからない掲題の通りですが、
Win7x64環境でAP5は動きません。
しかし必要ファイルさえ必要な場所にあれば動きます。

■前提
・移動元OSがWindowsXPである(一応Vistaも同じファイル構成ですが動作未確認)
・移動元OSにAP5インスト済み
・コマンドプロンプトを使う事が出来る。
・使用コマンドの意味が分かる。
・自分の環境に応じてドライブレター等の変更が出来る
・命令に改行を含んでいる意味が分かる。
・自己責任という言葉を理解している。

----コピペ↓から----
robocopy /E /B "D:\Program Files\Adobe" "C:\Program Files (x86)\Adobe"
robocopy /E /B "D:\WINDOWS\system32\COLOR" "C:\Windows\System32\COLOR"
robocopy /E /B "D:\WINDOWS\system32\COLOR" "C:\Windows\SysWOW64\COLOR"
robocopy /E /B "D:\Program Files\Common Files\Adobe\Fonts\Reqrd\CMaps" "C:\Program Files (x86)\Common Files\Adobe\Fonts\Reqrd\CMaps"
xcopy /y "D:\WINDOWS\system32\MSVCRT10.DLL" "C:\Windows\System32"
xcopy /y "D:\WINDOWS\system32\pcdlib32.dll" "C:\Windows\System32"
xcopy /y "D:\WINDOWS\icccodes.dll" "C:\Windows"
xcopy /y "D:\WINDOWS\iccsigs.dat" "C:\Windows"
xcopy /y "D:\WINDOWS\KPAPI32.DLL" "C:\Windows"
xcopy /y "D:\WINDOWS\KPCMS.INI" "C:\Windows"
xcopy /y "D:\WINDOWS\kpcp32.dll" "C:\Windows"
xcopy /y "D:\WINDOWS\kpsys32.dll" "C:\Windows"
xcopy /y "D:\WINDOWS\pfpick.dll" "C:\Windows"
xcopy /y "D:\WINDOWS\sprof32.dll" C:\Windows
xcopy /y "D:\WINDOWS\system32\pcdlib32.dll" "C:\Program Files (x86)\Adobe\Photoshop 5.0J"
xcopy /y "D:\WINDOWS\system32\MSVCRT10.DLL" "C:\Program Files (x86)\Adobe\Photoshop 5.0J"
md "C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Adobe\Photoshop 5.0J"
explorer "C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Adobe\Photoshop 5.0J"
explorer "C:\Program Files (x86)\Adobe\Photoshop 5.0J"


----コピペ上の空白行まで----


■これで動作する内容
色々なファイルコピー
スタートメニューにAP5作成

最後にフォルダがポンポン開くのは「ショートカットは自分でドラッグ&ドロップで作成してね」という意思表示です。