コレです↓



■買うに至ったキッカケ
友人のPCがAM2マザー(M2N SLI-Deluxe)だったので最終アプグレに、
PhenomIIX4 955(AM3、4コア、3200MHz、TDP95w)を選んだのですよ!
BIOSを5001に更新して乗せたら・・・見事認識(o´ヮ`)やったねたえちゃん!
これだからAMD大好き。自分はIntel使ってるけど(笑

リテールクーラー取り付けたんですがコレ超小さいんですね。大丈夫か思ったけけどその場は一旦帰宅。

翌日、少し負荷かけたら動作遅くなると連絡もらい悩んだ。
BE-2350に戻すか・・・?いや勿体無い・・・じゃあクロック下げる設定施すか?その場凌ぎでしかない。
となると優秀なCPUクーラー取り付けるしかないわけで!

↓ 

峰や無限2のように巨大クーラーだと困るので、干渉少ないコンパクトタイプを選んだ。
それが掲題のHyper212である。
友人宅へ持って行き開封、2人して「でかっ!」と声上げてしまった。

ANDY SAMURAI MASTERを使ってたわしが言うセリフじゃないですね。





■取り付け
AMDリテールクーラー一式を取り外し。
あらためて見るとコレ、リテールでもバックプレート採用してるんだね。
初心者が取り付けやすいのは良いんだけど、このコストは勿体無いかな。


そしてHyper212取り付け・・・ようとするんだが2人して???状態になった。

「どうやって取り付けるんだコレ(^ω^)」

取説みても分からんし手探りでやった。
というか取説なんていらなかった・・・気合で装着完了。





■結果
BIOS読みアイドル 48度→40度
CoreTemp読みアイドル 39度→25度

※AM2マザーにAM3CPU取り付けてもC'n'Q働かないので常時最高クロック+1.375v状態です。
 一応K10STATで1.275v設定できますが・・・リテール冷えないので大差無し。

CoreTemp読み負荷  59度→39度

うおっすげえ(;・`д・´)
この冷えっぷりには流石に驚いたわーすげー驚いたわー(驚愕

動作速度も低下しなくなったのでめでたしめでたし。