ドッフの喫茶店

色々好きに書いてます。 最近はROと艦これ。自作は隠居気味(`・ω・´)

PC・ガジェット

【ZE551ML/Z00A】xFSTKを使った文鎮化ZenFone2復旧

カスロム→JP版→WW版とか遊んでリカバリ焼いてたら
Fastbootすら起動しなくなり文鎮化しました(^o^)

日本語での救済解説無いんで書いてみる。
多分ZE550MLもファイル揃えりゃ手順同じじゃないかな。
続きを読む


【自作】最近のインターフェイス業界

私です(・_・;)

最近自作業界についていけてません。
具体的にはCore 2 Quad世代・・・2008年からパッタリですね。
CPU性能アップも停滞し、壊れるまで買い換える必要が無いと感じたせいですw

そんな中、SSD業界は凄まじい勢いで進化してますね。
今回は関係情報備忘録になります。




接続インターフェイスについてつらつらと
自分用纏めなので突っ込みどころあっても(゚ε゚)キニシナイ!!


■IEEE 1394
Appleが策定した規格。最大転送速度800Mbps(ただし殆ど400Mbps)
MACにも搭載されていたが、USBに切り替えた模様。
そもそも流行らなかったのは高い利用料であり、WindowsPCにも殆ど採用されなかった。



■USB
一般普及してますね。PC全然分からない人でもUSBは知ってる位。
ver 3.1は上下気にせず挿せるコネクタ策定されたことと、最大転送速度10Gbpsをサポートしている等利便性が大幅に向上しています。SSDが外付けに使えて速度そのまは素晴らしい。

ただしコネクタの統一がされておらず区別が難しい一面がある。
無印USB表記は一般的にPC向け製品を指すと思う。
mini USBはSDカード等の読み取り機器に採用されてる感じ。使いづらいんだよ絶滅しろ。
micro USBはスマートフォンの充電端子に使われているが、これをUSBと認識してる人は多分少ない。



■SCSI
昔はいろんな接続に使われてたが絶滅。最大転送速度320MB/s
たまにUSB変換器が発売される等、謎の需要がある。
その真髄は未だSCSIを使い続ける企業向けであるとかなんとか。



■SAS
SCSIの後継規格でシリアル化したもの。最大転送速度1200MB/s。
SATAと下位互換性があり、SASはSATAに挿す事が可能。
ただし凹凸の関係でSATAはSASに物理的に刺さらないようできている。



■mini SAS / HD mini SAS
SASを小型にした規格のようだが
詳しく解説してる所が無いため、有ることしか分からない。



■IDE
HDD向けの規格。パラレルATA(PATA)で使われていた。最大転送速度133MB/s
始めて触った時、逆刺しでピン曲げた。何故防止機構付けなかった・・・
この世代はランダムリードが早く遅い割にキビキビ使えた気がする。



■SATA
HDD向けの規格。逆差し出来ない工夫がされている。
しばしばVerと転送速度の記載が混同してややこしい。

SATA Revision 1.0 ・・・1.5Gbps(150MB/s)
SATA Revision 2.0 ・・・3Gbps(300MB/s)
SATA Revision 3.0 ・・・6Gbps(600MB/s)

つまりSATA3と書くと、Rev3の事なのか3Gbpsの事なのか分からんって事ですね。
Revision記載か、転送速度を記載するのが望ましい。
SSDは6Gbpsを早々に使いきってる為、次世代規格が必要だろう。



■SATA Express
SATAと名前はついており、コネクタもSATAだが実態はPCI Expressである。
専用コネクタが3つも配置されどうなんコレ?と思わざるを得ないw 詳しくはリンク先を参照。



ASUSのプロトタイプで次世代I/F「SATA Express」を検証
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/review/20140308_638704.html

どう違う?「SATA Express」と「M.2」の違いについて
http://pssection9.com/archives/sata-express-m2-summary.html





■eSATA
一言でいうと、USBの位置に存在するSATAポート。
外付け規格だが3Gbpsを出せたのが強み。
バスパワーとホットプラグ対応してないのでかなり不便(ACアダプタが絶対必要で、起動中抜き差し出来ない)
現状USB3.0があらゆる面で上回る。



■mSATA
Mini SATAの略称であり、MicroSATAとは別物。
Mini PCI Expressとコネクタの互換性が有るが、信号形式が対応してないと使えない。



■AGP
グラフィックボード(ビデオカード)増設用の規格。最大転送速度2.13GB/s
10年前に廃れた今なお根強く新製品が出ている。
流石にそろそろゴールしても良いんじゃ・・・


AGPの新製品! 玄人志向からファンレスビデオカードが登場
http://ascii.jp/elem/000/000/862/862664/




■PCI
TVキャプチャーとか使った人も多いのでは。転送速度133MB/s
Intelは8seriesチップセットからサポート全廃止しているが、マザーボードメーカーが無理やり対応させている模様。購入時はスペック確認を強くオススメする。
AMDは未だPCI廃止を謳ってないようで、大抵PCIスロットが付いている。

これもいまだグラフィックボードが販売されている・・・


玄人志向 グラフィックボード NVIDIA GeForce GT610 PCI 1GB GF-GT610-LP1GHD
http://www.amazon.co.jp/%E7%8E%84%E4%BA%BA%E5%BF%97%E5%90%91-%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%89-NVIDIA-GeForce-GF-GT610-LP1GHD/dp/B00A2M26DA




■PCI Express
次世代PCIとして登場。
転送速度向上、スロットの小型化等色々と進化した。
レーン毎に速度が上昇し、x1では2.5Gbps、x16では40Gbpsと大幅にアップしている。
最近ではx32が登場した模様。
※厳密には制御信号で理論値の8割に留まる。

この早さからSSDさせば良いんじゃね?!と思うのも当然であり、PCI-Eタイプの製品が登場している。
問題はx16スロットのビデオカードを使った場合、スロットが無くなる事。
その為M.2が注目されている。


PCI-E接続の高速SSD「Intel SSD 750」は730より数倍速い
http://ascii.jp/elem/000/000/995/995756/




■mini PCI Express
主にノートパソコン向け規格。
接続はPCI Express x1(2.5Gbps)かUSB2.0で行う。

大抵無線LANカードが刺さっている。
昔のノートパソコンはコレが有りながらも、無線LAN非搭載が多く泣いた。
自前で増設すると相性問題で使えなかったり、やっぱり泣いた。

殆どの人はUSBで無線LAN増設したと思われます。
※特に、モンスターハンターポータブル2(X-LINK)時代は無線LANでよく相談受けました(`A')


■PC Card
小型パソコン向け規格。
明確にはノート向けではない模様。
有線・無線LAN増設やメモリーカードの類で見たことがあるが、他にどういう製品あるか見たことがない。



■ExpressCard
主にノートパソコン向け規格。PC Cardの後継品。
接続はPCI Express x1(2.5Gbps)かUSB2.0で行う。
mini PCI Expressとの違いはUSBと同じく、外側にインターフェイスがある点。
USBの何倍もスペースを利用するため、近年姿を見ない。



■PCI Express M.2
今SSD業界でホットなのがコレ?
SATAとPCI-Eどちらかで接続出来るが、起動時問題出ない限り後者一択かと。
設置にケーブルを使わないので配線面でもスッキリする。


Plextor SSDで学ぶ現在のストレージインタフェース - SATAとM.2、それぞれのメリットとは?
http://news.mynavi.jp/articles/2014/08/29/ssd/



mini PCI Expressの信号も使え無線LANを挿すことが可能。
更にはSATA信号もあるので挿せば使える。
ノート製品の流用効きますねー。




番外編

■IDEモード
HDDのインターフェイス制御仕様。
SATA Rev 1.0は互換性確保のためにIDEモードで動いてたらしい。
速度制限は無くSATA 3Gbps+IDEモードでも250MB/sは出る。
ただしAHCIに比べ最大速度は明らかに劣る


■AHCIモード
SATA Rev 2.0で登場した制御仕様。
NQCが使えるがHDD向け機能の為SSDでは意味がない。
WindowsXPだと標準でサポートされておらず、様々なやり方で有効にする必要があった。


■NVMeモード
AHCIはHDDを制御する為に作られ、近年速度増加著しいSSD用ではない。
当然ボトルネックが幾つも存在しそれらを解消するため次世代仕様として策定された。
Windows8.1では標準でサポートしている。

第二回【ASUS】ZenFone2(ZE551ML)のバッテリー持ちについて

私です('A`)ノ

ZenFone2ですがバッテリードレインの原因が分かりました。
その真相は「常にCPU負荷が発生している上、電源OFFでも負荷は止まらず消耗しつづける」
というARROWS Xを越える凄まじいモノでした。
電源切ってるのに常に温かいからおかしい思ったんですよね・・・こりゃ省電力モード無意味ですわ。

その旨をASUSに伝えたら本体送ってネとの連絡来。
現状発送済みで向こうの対応待ち。

さてどうなりますかね。

2517_zenfone2

第一回【ASUS】ZenFone2(ZE551ML)のバッテリー持ちについて

開封の儀とかはありません。私です。
ingressで使おうと思ったんですが何やらトラブル。
常時CPU動いてバッテリー目減りする現象発生してる。

2514_zenfone2

1時頃に100%状態でセット
昼に起きて25%である事を確認。
10時間でマイナス75%とかどこのれぐざですか


・データ通信切る
・GPS切る
・機内モードにする
・タスク全部停止
この基本事項を押さえて数日まったく使わず様子見。


2515_zenfone2

一体何が浪費してるのかサッパリ分からない。
ただ、アプリが原因では無い事は確実に言える。

2516_zenfone2

CPUが常に動いてるようなログがとれた。
んでずっとほんのり暖かい・・・ということはディープスリープになってない?

CPUspy入れて挙動確認してみたところディープスリープにはなっている。
にもかかわらず1コアだけ500MHzで5秒おきに動いてるかのようなログが出た。
それがずっと続いてる為バッテリーが緩やかに規則正しく減ったようだ。

これ、OSのプロセスが暴走してるんじゃないのかなぁ・・・
Nexus7(2013)のGPS不具合バッテリードレインと似たような空気感じるわ。

個人で解決しない事が見えたのでサポート行きですね。

-----------------

追記

初期化かけて、アップデート一つも行わない通信させないも症状変わらず。

Chrome互換のIronブラウザを入れてみた

あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します、私です(´・ω・`)

エンジンがChrome系なら何でも良いんですが、
見た目も操作性も同じという事でIronをチョイス。

公式サイトはこちら
http://www.srware.net/en/index.php


2498_Iron
公式サイトに飛んだら「Software」を選択。
続きを読む


2014年 ハイブリッドHDDを調査した【SSHD】

こんにちは、私です(´・ω・`)

最近は体調崩したり夜勤漬けだったり健康診断で要受診が出たりしたけどまだ元気です。
明日の健康診断はどうなるか楽しみですね・・・(白目

さて、HDDより格段に早く SSD比では一歩及ばず 容量はSSDの数倍で価格は同等?
そんなハイブリッドHDDの現状を調べてみたいと思います。

現状、この製品は仕様が二系統に分かれてます

  • Aタイプ SSDとHDDが1パッケージに入っているタイプ

  • Bタイプ SSDとHDDの性能が1つに合体してるタイプ

主流はBタイプだと思います。
知ってる限りではAタイプはWestern Digitalだけしか作ってません。




実際に販売されたものたちのまとめ。
主に現行製品ですが、旧製品も販売した実績があれば記載してみます



Western Digital

マイナビニュース HDDとSSDを合体、1ドライブ化した「WD Black2」
9.5mm厚2.5インチSATAで小型PCやノートPCに福音か
2013年12月16日
http://news.mynavi.jp/articles/2013/12/16/wdblack2/

120GB SSDと1TB HDDを2.5インチHDDサイズに凝縮!Western Digital「WD Black2」その実力を検証してみた
http://pc.watch.impress.co.jp/topics/westerndigital1401/

ロジテック 「これはまた挑戦的な製品が登場しましたね」というのが、WD Black2 Dual Driveのニュースを
初めて見た時の正直な感想でした。
http://www.logitec.co.jp/data_recovery/wd-black2/lg_review/

製品群

■2.5インチ / 9.5mm / SATA6Gbps
WD Black2
SSD部分120GB 読込速度400MB秒 書込速度150MB秒
HDD部分1TB 読込速度120MB秒 書込速度120MB秒
トータル性能?  読込速度280MB秒 書込速度120MB秒
製品ページ

2476_SSHD


※インストールしても片ドライブを認識しない場合があるらしい
※ナンバリング無しのWD Blackはハイブリッド性能無しHDD(WD1002FAEXとか)

kakaku.com WD1001X06XDTL [1TB 9.5mm] レビュー・評価
http://review.kakaku.com/review/K0000601071/#tab

Amazon WD Black2 2.5inch 120GB SSD+1.0TB HDD 9.5mm Dual Drive リテールパッケージ
http://www.amazon.co.jp/Black2-2-5inch-120GB-1-0TB-%E3%83%AA%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B8/dp/B00GSJ9X4Q/ref=sr_1_1?s=computers&ie=UTF8&qid=1415889740&sr=1-1&keywords=WD+Black2





Seagate

PC Watch Seagate、フラッシュメモリ搭載の「Momentus 5400 PSD」
〜同社初の1.8インチ60GB製品なども
2006年6月8日
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0608/seagate.htm

ascii 256MB+120GBの2.5インチハイブリッドHDD「Momentus 5400 PSD」が販売中
2007年10月24日 22時08分更新
http://ascii.jp/elem/000/000/078/78421/

2.5インチハイブリッドHDD「Momentus 5400 PSD」に160GB版が登場
2007年10月31日 21時15分更新
http://ascii.jp/elem/000/000/080/80483/

750GB HDD+SSDのハイブリッド「Seagate Momentus XT」の実力を試す
2012年2月29日
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/feature/20120229_515266.html

Seagate、2.5インチ/7mm厚と3.5インチのハイブリッドHDD
2013年3月6日
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130306_590617.html

Akiba PC Hotline 今週見つけた新製品 Seagate ST1000LM014
2013年3月24日
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20130323/ni_cst1000lm014.html

ドスパラ 製品レビュー SSHD新モデル「ST1000DX001」の起動速度を実証
2013年10月01日
http://review.dospara.co.jp/archives/52080184.html


製品群

■2.5インチ / 5.0mm
ST500LX012  500GB

■2.5インチ / 7.0mm /
ST500LM000  500GB 国内流通あり

■2.5インチ / 9.5mm /
STBD750201  750GB
ST1000LM028  1TB
ST1000LM014  1TB  国内流通あり

2.5インチの製品ページ

2479_SSHD


kakaku.com ST1000LM014 [1TB 9.5mm] レビュー・評価
http://review.kakaku.com/review/K0000486949/#tab


Amazon Seagate Laptop SSHD 2.5inch SATA 6Gb/s NCQ 1TB 64MB 5400rpm SSD ( 8GB MLC ) + HDDハイブリッド ( 9.5mm ) ST1000LM014
http://www.amazon.co.jp/Seagate-2-5inch-5400rpm-HDD%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%89-ST1000LM014/dp/B00C57SO1I/ref=sr_1_1?s=computers&ie=UTF8&qid=1415890332&sr=1-1&keywords=ST1000LM014



■3.5インチ/ 15mm / SATA6Gbps
読込速度190MB秒
書込速度180MB秒
ST4000DX001  4TB
ST2000DX001  2TB
ST1000DX001  1TB
3.5インチの製品ページ

2477_SSHD


※現状最も製品が多い、安定性は今のところ未知数・・・
※rpmが公開されてるのは4TBのみ

kakaku.com ST1000DX001 [1TB SATA600] レビュー・評価
http://review.kakaku.com/review/K0000566682/#tab

Amazon seagate Desktop SSHD ( 3.5inch / SATA 6Gb/s / NCQ / 1TB / 64MB / 7200rpm / SSD(8GB MLC)+HDDハイブリッド ) ST1000DX001
http://www.amazon.co.jp/seagate-Desktop-3-5inch-HDD%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%89-ST1000DX001/dp/B00ELAVIQ0/ref=sr_1_1?s=computers&ie=UTF8&qid=1415889796&sr=1-1&keywords=ST1000DX001





Samsung

ascii Samsungからも2.5インチハイブリッドHDDがデビュー!120GBと160GBの2モデル
2007年12月22日 22時45分更新
http://ascii.jp/elem/000/000/095/95284/

■2.5インチ / 9.5mm / SATA1.5Gbps
HM12HII  120GB
HM16HJI  160GB

今は流通してないようです
Samsung公式ページからは情報が削除されてるので他ページより

製品仕様 HM12HII
http://www.hdsentinel.com/storageinfo_details.php?lang=en&model=SAMSUNG%20HM12HII





東芝

dospara パーツの犬 東芝ハイブリッドHDD「MQ01ABD100H」の起動速度をチェック
2013年11月06日
http://partsdog.dospara.co.jp/archives/52356126.html

製品群

■2.5インチ / 9.5mm / SATA6Gbps
読込速度150MB秒
書込速度110MB秒
MQ01ABD100H  1TB
MQ01ABD075H  750GB

■2.5インチ / 7.0mm / SATA6Gbps
MQ01ABF050H  500GB

製品ページ

2478_SSHD


ノート換装によく使われてるらしい
評判は上々の模様

kakaku.com MQ01ABD100H [1TB 9.5mm] レビュー・評価
http://review.kakaku.com/review/K0000421167/#tab

Amazon 【SSHD】【ハイブリットHDD】MQ01ABD100H TOSHIBA2.5HDD (1TB,5400rpm,S-ATA,8GBフラッシュ)
http://www.amazon.co.jp/%E3%80%90SSHD%E3%80%91%E3%80%90%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88HDD%E3%80%91MQ01ABD100H-TOSHIBA2-5HDD-5400rpm-S-ATA-8GB%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%EF%BC%89/dp/B00F9JY5LM/ref=sr_1_1?s=computers&ie=UTF8&qid=1415889857&sr=1-1&keywords=MQ01ABD100H






現行モデルはいずれも早い('ω')
Seagateの3.5インチは抜きん出て早いですね。200MB秒に迫る勢いです。
2.5インチは国内流通無し?全然情報がありません。
→ありました、追記しました。


東芝の2.5インチは読込が150MB秒、書込は100MB秒と控えめ
もっとも、SSHDはランダム性能がHDDの数倍あるので体感は良いはず。


Western Digitalは2.5インチでHDD性能は読み書きとも120MBです。
売りはデュアルドライブである事なので真髄はSSD利用でしょう。
ただ肝心のSDDのパフォーマンスはそこまで高く無いです。
導入に専用ツール必要だったりとクセが強いので人柱覚悟ですね。

ちょっと昔のHDD整理


KURO-DACHI/CLONE/U3経由接続


WD5000KS-00MNB0
2006年03月25日頃発売

2473_RO




WD5000AACS-00ZUB0
2007年10月25日頃発売

2472_RO





WD20EARS-00MVWB0
2010年05月29日頃発売

2475_HDD

WDの中では評価が低いモデル。2TB品はあまり良い噂が無いようだ。
2台買って両方生存中。ただし片方不良セクタ2発生しており不安。





ST2000DM001-9YN166(DM001型番の初期モデル/ファームCC4C)
2011年11月11日頃発売?

2474_RO

2台買ったが片方はある日突然死した(購入してから1年未満程度だったのでショック)
HDDを認識しないのでデータ取り出しすら不可能。
調べた所、かなり不具合出てるモデル。わしの開門に対する信頼性を地に落とした。
とはいえ捨てるのもアレなんで、死ぬまではこまめにバックアップを取ろうと思う。

【PC】Intel Corei5-4440の性能について5

今になってようやくベンチマークとりますよ


続きを読む


【仮想PC】VirtualBoxを入れてみたよ

軽いと評判の仮想PCを導入してみました('ω')


続きを読む


川崎市のPC処分について


■パソコンのケース
小物金属または粗大ごみ
最長辺が30cm以上なら粗大ごみ


■パソコン周辺機器
アダプタ
ケーブル
マウス
キーボード
マザーボード
ハードディスク
パソコン本体
モニターではない部分
小物金属または粗大ごみ
最長辺が30cm以上なら粗大ごみ
ケーブルは束ねて出す


MS-7037はMicroATXですが、ケースそのものはは圧倒的に30cm超えるので粗大ごみ申し込みですね。
ソレ以外のパーツは全部崩して小物金属に投下ですね。

出ると思うゴミ

Pentium4 2.4GHz(Socket478/Northwood)
メモリ512MB DDR PC2100 x2
HDD250GB
CDドライブ
電源
MicroATXケース

P5K Proのブルスククソ環境も崩して捨てよう。SSDやCore2 Quad9550は売れるとは思うが・・・
サイト運営者
月間アーカイブ(・∀・)
最新コメント
|・ω・)来訪者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ