ドッフの喫茶店

色々好きに書いてます。 最近はROと艦これ。自作は隠居気味(`・ω・´)

Geforce

アスペクト比固定 nVidia Geforce編4

モニタ解像度は1280×1024サイズなのだけれども
アスペクト比率維持したままフルスクリーンにしたい…
そんな場合におすすの記事です。


今回必要なのはGeforceシリーズのビデオカード(同 VGA、グラボ)

■Geforce7シリーズまでで」使ってるパネルはこちら
598_aspect

デスクトップの適当な所を右クリック、NVIDIA ディスプレイ→モニタ名をクリック。
設定によってはここにありませんが、画面のプロパティ→設定→詳細設定に有るはず。


記事更新 2012/04/24

続きを読む


【Fermi/GF100】Geforce GTX480/470の話題

自作板より転載
リンクに(p)ついてるのはp2使ってるからです…修正まんどくせ。



969 :Socket774 :sage :2010/02/21(日) 09:13:02 (p)ID:97VEUWda(4)
(p)http://www.semiaccurate.com/2010/02/20/semiaccurate-gets-some-gtx480-scores/
SemiAccurate gets some GTX480 scores
Hot, buggy and far too slow
by Charlie Demerjian
February 20, 2010

NVIDIAはGTX480の性能についてほのめかしてきたが、間諜が何枚かのカードのネタを
仕入れてきた。例のアレの目の玉が飛び出るような性能に期待している御仁、がっか
りする準備はいいか?

簡単に云うと、絶望的に遅延している[1]GTX480とその去勢版のGTX470は、NVIDIAが
ほのめかしている数字よりはるかに遅い上に、売物になるまでにやる事がまだまだ山
積みだ。数字は情報元によって矛盾しているものもあるが、ほとんどは揃っている。

NVIDIAがほんの少しずつ入手しつつある最終製品は、忠誠度が高いと考えられている
ごく一部の人々しか目にすることができない。理由は後半で。出回っている数があま
りに少ないので、情報元の秘匿のために幾分ぼかした表現を使う。行くぜ。

カードは2枚、GTX480は512 shader。GTX470は448 shader。480のクロックはlow/half
clockで600か625MHz、high/hot clockでその倍の1200/1250MHzだ。去年の春の時点
ではNVIDIAは750/1500MHzを狙っていた[2]のだが、駄目だった。このクロックは情報
元によって矛盾するもののひとつだが、どちらもガチでこの数字だと云う。やれやれ
だ。

GTX470の方は448 shaderで、クロックは625/1250MHzでまとまっている。本当にGTX48
0が600/1200MHzなら470の方が微妙に速いことになるが、どんだけ発熱がギリギリな
んだ[3]って感じだ。GF100/GTX480には最低電圧の問題がある[4]と書いたことを覚え
ているだろうか。基本的に、NVIDIAは境界線上のトランジスタを動かすためには電圧
を上げなくてはならない。すると発熱する。猛烈に。どちらの情報元も、手元のカー
ドは猛烈に熱く、2Dモードのアイドル状態で70℃だという。



971 :Socket774 :sage :2010/02/21(日) 09:13:58 (p)ID:97VEUWda(4)
ファンはアイドル状態で、最大回転数の70%で回っている。高過ぎないか。もともと
そんなに回転数を上げる必要がなくて、BIOSをいじって直る程度の問題だといいが、
もしかするとアイドル状態でも電圧下げられないのかもしれない。この状態のファン
の音は、聞こえるけど欝陶しくはない程度というのが救いではある。

理由は想像できる。覚えてるだろうか? 温度が高い→リーク電流が増える→発熱が増
える。トランジスタを回そうとすると発熱はうなぎのぼりだ。冷やし続けなければな
らない。

これはクロックを上げられない理由の裏付けになっているが、それがすべてではない。
重要なのはこのチップは重大な熱問題を抱えていて、NVIDIAは途方に暮れていると
いうことだ。

クロックはわかった。では性能は? これも数字が分かれているところなのだが、Cypr
essの6割増という大本営発表には到底届いていないのは同じだ。SemiAccurateが入手
した数字は発売中のいろいろなゲーム、どれも超高解像度で実行したものだ。タイト
ルは明かにできない。NVIDIA秘密警察が協力者を特定するかもしれないからだ。もう
少しカードの配布が進んだら数字を完全に公開する用意がある。

512 shaderのGTX480、600か625MHzかは異なるが、フルスピードで駆動した場合の数
字は、平均してCypress/HD5870の5%増し前後だ。GTX470のテストは許可されていない
ようだ。HD5870より遅いのを認めたようなものだ。

いいニュースもある。実にいいニュースだ。発熱とかそういう話ではなく、Heavenベ
ンチでのテッセレーション性能だ。Heavenでの性能はCypress/HD5870の倍以上を叩き
出す。おそらくHemlock/HD5970も目ではないだろう。ただ、この性能は現実的に、テ
ストしたどのゲームの性能にもまるで寄与していないという。shaderがテッセレーシ
ョンにだけに専念できる環境での数値なのだ。



973 :Socket774 :sage :2010/02/21(日) 09:15:29 (p)ID:97VEUWda(4)
GF100/GTX480はGPUとして作られたのではない。GPGPUとして生み出されたものが、予
定が狂ってグラフィクスをやらされているのだ。グラフィクスチップにしては計算力
過剰だ。だがshaderでテッセレーションをやらせることができるのは、出自に由来す
る救いのひとつだ。GTX480がHD5870に比べ突出しているのはここだけだ。NVIDIAが
CESで見せたベンチマークは、勝てるところだけ必死で選り抜いたもの。バイヤーの
目を惹いておかないとならないから。

ひとつ情報元から指摘された問題がある。Heavenで明らかに画像が乱れる部分がある
というのだ。NVIDIAがCESで見せたデモは一部分だけだったが、つまりそういうこと
だ。GTX480はDX11を完全に実装できていないのだ。発売時にDX11ドライバが間に合わ
ないと伝え聞いてはいたのだが、まさかハードの方も間に合っていなかったとは思い
もしなかった。

GTX480のいいとこ取りベンチの話に戻ろう。そうしなければならなかったのだ。性能
がHD5870に近過ぎて、HD5870の価格で売らざるを得ない。だいたい$400くらいだ。商
売にならない。せめてHD5870と$600のHD5970の間くらいで売りたい。広報ならなんと
かしてくれる……?

潜在顧客が広範なベンチマークスコアと正確なスペックを知ってしまったら、
GTX480 = HD5870とバレてしまう。市販バージョンのレビューが公開されるのは何か月
も先だ。かつてNVIDIAがやってきた対処法は、信頼できるごくひと握りだけに選り抜き
カードへのアクセスを許すことだ。



974 :Socket774 :sage :2010/02/21(日) 09:17:00 (p)ID:97VEUWda(4)
もし正直者のジャーナリストにカードが渡ってしまったら。どっちも同じ、と卒直に
云ってしまうだろう。NVIDIAはそうならないように必死の努力をしていると聞いてい
る。「(NVIDIAの)レビュアーの心得」に忠実なジャーナリストはカードを入手できる
可能性が高い。つまり欠点はごく控え目に、そして広報から提供されたセールスポイ
ントをことさら強調すればよい。そんなわけないと思うだろうか?、GTS250の時にこ
の通りのことをやった。Anand、Kyleなど多数が切られた[5]。この時は非常に効果的
だった[6]。だから今回もきっとやるだろう。祭になるぜ。連中が事実を書こうとし
たのに切られたことに気づいた時だ。

結局GTX480とは、極めて特殊なベンチマークでしか勝利宣言に値するものではない。
幾分クロックを上げたHD5870の射程圏内であり、ATIは本当にやりそうだ。GTX480はA
TIの二番手のカードに勝てるだけであり、トップには手が届かない。

GTX480は熱くてデカくて遅く、HD5870よりおススメなところがひとつもなく、HD5970
の影すら踏ませてもらえない。NVIDIAは5000から8000枚しか生産しないと云われてお
り、1枚売るたびに赤字を積み上げるだろう。アーキテクチャ自体が間違いであり、
修正不可能だ。設計も大概であり、直す時間もない。見せるものが何もない時、どう
したらいい? 回れ。NVIDIAは本日、いつもより多く回っております。

[1] (p)http://www.semiaccurate.com/2009/07/29/miracles-happen-gt300-tapes-out/
[2] (p)http://www.semiaccurate.com/2010/02/20/semiaccurate-gets-some-gtx480-scores/
[3] (p)http://www.semiaccurate.com/2010/01/17/nvidia-gf100-takes-280w-and-unmanufacturable/
[4] (p)http://www.semiaccurate.com/2010/02/17/nvidias-fermigtx480-broken-and-unfixable/
[5] (p)http://www.theinquirer.net/inquirer/news/1051123/nvidia-cuts-reviewers-gts250
[6] (p)http://www.anandtech.com/video/showdoc.aspx?i=3523&p=2





Yahoo!翻訳によるベタ翻訳


SemiAccurateは、若干のGTX480得点を得ます
熱くて、バグの多くて、非常に遅い
チャーリーDemerjianによって

2010年2月20日

Nvidia界アイコンNVIDIAがありました 彼らのやがて公開されるGTX480カードの性能と我々のスパイの何人かについてほのめかすことは、最近多くの手を2、3のカードで時間通りにしました。あなたが『子犬』から殺人者結果を待っているならば、ひどい失望の種に備えてください。

ひどく遅れるGTX480について短編、そして、Nvidiaがほのめかしていたより、それがはるかに遅いことはGTX470がそうであるほとんど兄弟でありません、そして、多くの仕事があります、それでも、それの前にされることは売れます。我々の源にはわずかな矛盾するデータがあります、しかし、大多数の数は彼らの間で一列に並びます。

最終トランプの少数はNvidiaに少しずつ入り始めました、そして、彼らは彼らが我々がちょっとしてから明白にする理由のために非常に親しみやすいと思う人々にそれを示しているだけです。データにアクセスする人々の小さな環のため、我々は我々の源を保護するために2、3のデータポイントをぼやけさせるつもりです。ショーでの上で、それは言いました。

2枚のカード、512の遮光物を完全な補うものがあるGTX480と448によるGTX470があります。480のための時計は、低い/半分時計のための600か625MHzで、高い/熱い時計のために、それ、1200または1250MHzを二倍にします。Nvidiaは昨年の春750/1500MHzを目指していました、これは大きな失敗です。この速度は源が衝突する最初の点である、そして、それはどちらの方法ででも行くことができたと、両方の源が正しい最終的な時計である彼らのものの上で頑固でした。*SIGH*。

GTX470側で、448の遮光物があります、そして、時計は両方のケースで625/1250MHzでセットされます。GTX480が本当に600/1200MHzであるならば、そして、GTX470はわずかにより速いと、それがあなたに本当にチップの防寒着について不思議に思わせなければなりません。我々がいつ、GF100/GTX480チップが最小の電圧でトランジスタの問題を抱えていると言ったかについて覚えています?基本的に、Nvidiaは彼らが境界線トランジスタがうたた寝をしないようにすることを望んだものを越えて、電圧をクランクで連結しなければなりません。問題は、これが熱とそれの多くをつくるということです。我々の源の両方とも彼らのカードが熱く煙を吐いていると言いました、人は彼らが2D時計でアイドルのもので70Cでそれを測ると言いました。

アイドリングするとき、ファンは70%の最大限に飛びかかっていることが報告されました、数は通常の使用のために高さにとてもはるかに遠いです。これがちょうど問題をつまんでいるBIOSである、そして、ファンがそんなに肉薄される必要がないことを望むます、それは基本的にGF100を意味します進行中のすべてのdownvoltでないのが、アイドリングすることができます。上に向かう側で、その速度のファンの雑音は、目立つが、腹立たしくないと言われていました。

あなたがNvidiaがなぜ GTX480/GF100証明されたケースについてそのような一大事を作ったかについて疑問に思っているならば、よく、現在、あなたは知っています。思い出してください。より高い臨時職員はより多くの漏出(それはより多くの熱を意味します)を意味します、それから、トランジスタを動かせる魔法の煙は熱の逃亡者で逃されます。あなたは、単に常に、この獣を涼しくしておかなければなりません。

これがNvidiaがそれだけのクロックスピードを落とした方法で理論の多くを支持する間、それは決定的でありません。します、家庭のメッセージは、このチップには若干の非常に深刻な熱の問題があるということで、そして、Nvidiaが彼らが問題を軽くするためにすることができることに関してはボックスにあるということです。

あなたが生の時計を知っている今、どのように、それは実行しますか?それは寄せ集めです、しかし、基本的に、それはサイブレスより速く60%として公的に述べられる彼らの最初の予想の下の多くです。SemiAccurateが話された数は、いろいろな現在のゲーム(非常に高い決議のすべてのランニング)にわたります。我々が詳細をリストすることができないところはここにあります、あるいは、Nvidia Keystoneコップスは彼らの最初のSemiAccurateほくろを見つけるかもしれません。カードがより広範囲にわたるとき、我々はあなたに完全なスプレッドシートをもたらします。

512の遮光する人が源が、小さいビットをプラスあるいはマイナスした、サイブレス/HD5870より5%速く平均して走った全速力、600または625MHzに飛びかかっているGTX480。源は、たぶん、それがCypress/5870より遅いという告白であるGTX470をテストすることは許されませんでした。

1つの明るい点があります、そして、それは本当の非常に明るい点です。いいえ、チップの防寒用帽子でなく、天のモザイクパフォーマンス。その合成ベンチマークの上で、数はHD5870/サイブレスの二倍以上速くて、二重チップHD5970/Hemlockをたぶん打ちます。源はこのリードが彼らが走らせたいかなるゲームまたはテストでも最も確かに反映されないと言いました、それは遮光物が『本当の仕事』のために使われる必要はないモザイク限られた状況だけにありました。

GF100/GTX480はGPUであるはずでありませんでした、Nvidiaの他の計画が失敗したとき、それはグラフィックスのためのサービスに引きちぎられるGPGPUチップでした。それは遠くも、良いグラフィックスチップであるために重い数学/DP FPです、しかし、モザイクをすることに遮光物をロープで縛ることは相乗効果がある1つの場所です。これは、GTX480がHD5870から卓越していた唯一の場所です。 NvidiaがCESで気をひいたベンチマークは正当な理由のために選択される手でした、彼らはNvidiaが勝利を示すことができたただ一人の人(彼らがこのカードの需要を捕えるために本当に必要とする何か)でした。

ベンチマークを指し示される関係者が、天の上で、多くの見えて全く目立つ不具合に遭った1つの問題が、ありました。あなたがNvidiaがなぜCESでそれの非常に特定のクリップを示すだけかについて疑問に思っているならば、つまりなぜ、DX11はGTX480のためにまだまだまともでありません。これは多分、我々がカードという噂が発射に関して DX11ドライバーを持っていないのを聞いていた理由であるでしょう、しかし、我々はNvidiaが彼らなしでチップを市場に出しているのを見ることができません。

GTX480の選択的な展示に戻って、それの正当な理由が、あります。パフォーマンスはHD5870にあまりに近いので、Nvidiaは、基本的に400ドル、それをHD5870価格で売ることを強いられます。それはこの統一小売価格の金銭メーカーでありません、そして、せいぜい、彼らはHD5870と600ドルのHD5970の間でそれに値をつけることができます。チップが現在生産においてあって、この問題に対処するただ一人のツール左翼はPRとマーケティングです。

潜在的買い手が広範囲にわたるベンチマークと正しい眼鏡を得るならば、結論はたぶんパフォーマンスのGTX480 = HD5870です。何ヶ月も荒野で購入されるカードに基づくチェックが、ありません。Nvidiaが過去にこれに対処した方法は、誰がカードへの接近を得るかについて制御することになっていて、手の届く所に、出されるものを選択することになっていました。

あなたが正直なジャーナリストにそれを与えるならば、彼らは2枚のカードが等しいとたぶん言うので、我々はNvidiaがそれを信用できる人の手の中に入れないために彼らの最善を尽くしていると聞いています。 これは、密接に「論評家のガイド」に続くことが知られているジャーナリストが否定を軽視する気があって、NvidiaでPRが最もこれらのカードへの早めの接近を得そうなものであるならば、重要な弾丸点を打つことを意味します。これがあなたに非倫理的に聞こえるならば、これは正確に彼らが発射でアナンド、カイルと数人の他の人をGTS250から取り除くためにしたことです。彼らが多分再びそれをためすだろう最後の時、それはとてもよくうまくいきました。一部の人々が彼らが真実を言うことに適していたと理解するとき、花火を予想してください。

結果は、GTX480で単に何でも完全な勝利のために十分でなくて、最もベンチマークシナリオを考え出したということです。それは、少しupclockedされたHD5870(ATIがほとんど気まぐれですることができる何か)で、かなり射程内です。GTX480には第2の最速のATIカードをかろうじて打つことができて、トップでチャンスがありません。

非常により速いHD5970は言うまでもなく、GTX480はあまりに熱くて、あまりに大きくて、あまりに遅くて、HD5870の上にそれを推薦する何でも不足します。Nvidiaはカードの5- 8000を生産しているだけであると言われていて、それぞれの上でお金を失います。建築は間違っています、そして、それはunfixableです。身体的なデザインは壊れています、そして、それは重要である少しの時間枠にも固定できません。あなたが示す何も持たないとき、回ってください。Nvidiaは、彼らがこれまでにbefore.S|Aを持っているより速く回っています

我々のフォーラムでこれを議論してください
MicroprocessorsとGraphicsとチャンネルとReviewsとHumorとデスクトップとGamingの下のファイル




2ch投下翻訳とベタ翻訳は概ね合致するかな…それにしても長い(;´Д`)
nVIDIAが今どうしようもない所まで来てるのは再確認出来た。

GTX280の路線からヤバいと思ってたけど、今から軌道修正不可ってのもマズい。Fermiローンチにあわせた製品採用も次々キャンセルされとるし横の商売面でも心配だな。
ドライバで有利だったのもWin7の調整不足があるよーだし何で食ってくんだろう。コレで黒字出してたなのが不思議だw

【偽翠星石】最新GTXと3870X2の相対比較…?2

私はIntel、AMD(ATI)、nVIDIA全部経験してますが心はAMD。
横暴な強者が好きじゃないという感じだろうか。
使い勝手の問題から現行マシンはXP+E8400+8600GTだけど…

今回は「やっぱり嫌」になるようなパフォーマンス比較のお話。

888_GPU

VR-Zone(海外)
GeForce GTX 280 & GTX 260 Gaming Performance



 \/: /: : : /: /: : : : : : /: /: : |: : : : l: : : ヽ}   \
  /: /: : : /: / : : : : :://://: :∧ : : : :|: : : : |     〉
 l: |: : :  |: /: : : : :/ /" /: :/  \: : :.|: : : : |   /
 |: :ハ: : : |: |二ニ==ェニフ´   /, へ、____>':「: |: : : レ'
 ヽ:|∧: : |: |く/フこ^ヽ\ /   / _ェ‐‐、=、`|: : |: : l: :|
  ∧ヘ: : |/ |r^{:::}゚ |  "      |^{;:::}r^} 〉 |: :/: : l: :|
  /: : |\: |ヽ >ー‐'        ヾ_こ_ソ  /:/: : :/ /| 
 / : : {. \ヽ :::::::     ヽ     `ー―' /イ: :/ /: |
./: : : ∧  ト >   , へ、___   :::::/ /: ///: l: |
 : : : i^ヽ *\    / /´    :::::ヽ    // ノ/: : l: |
 : : /レ⌒ヽ、.  ヽ、 ヽ、_     :::ノ  , イァー‐く`¬ : l::|
 : / / / ,へ. l| ` 、    ̄ ̄ ̄, ' rーく \.  |` ト、:.l::l
 ::/ .| '  / /ヽ|    >= ァ  ̄  /^ヽ  ` ヽ. | 〈 ヽ::|
: /  |       / |  /⌒/L「\.   |       ./ /  |

何ですかこのグラフは!下限が0.8で上限が2.4…あぁーうざいですー!!
なので自らまともに見えるグラフを作ったです。
RadeonHD3870X2(何故かCatalyst8.3)が基準1なのは変わらないですが。



887_GPU



      ___  
     く/',二二ヽ>  単にnVIDIAの態度が気に食わなかった、反省はしていないです。
     |l |ノノイハ))  数値は上田さん所から拝借、多少はマシになったかな〜です。
      |l |リ゚ ー゚ノl|  HD4850が発売されたらコレに手出して、WindowsVistaにするです。
     ノl_|(l_介」).|  何故Vistaかっていうと新世代Radeon+XPだと2D遅いからです。
    ≦ノ`ヽノヘ≧  Windows7は発売されてから考えるです。
.   ミく二二二〉ミ 





参照元


The AMD's Cafe
GeForce GTX 280/260とRadeon HD 3870 X2のパフォーマンス比較

上田新聞
GeForce GTX 280/260とHD 3870X2のベンチ比較

VGA PCいじいじ4

Radeonがついにアスペクト比対応したとの事!
手持ちの2600XTが歓喜してるようだ。

取り替える前に8600GTのベンチあげてなかったので置いてみる。
環境は画像の通りでCPUのみオーバークロック、GPUは無し。



▼CrystalMark09
831_MyPC
トータルスコア96,320



▼2100MHzから2600MHzへオーバークロック
832_MyPC




デュアルコアのオーバークロックは動画エンコで凄まじい効果発揮する。
CPUの寿命が縮まるので行為は自己責任。
あぁ、Core2はよ回してぇな(^ω^)

出勤時間になった為VGA取替えはまた明日!(ノ゚ω゚)
…着替えてる最中気になった事があったので再度ベンチ。
実は上に載ってるのはディスプレイカラーを16bitに下げてベンチとったモノなのだ。
Radeon2600XTの時16bitと32bitでスコア違ったのでGeforceはどうかな?と思いやってみると…


▼CrystalMark09
833_MyPC
トータルスコア103,686


うほwwwwGDIだけ伸びてるwwww単純2倍じゃないかwww
処理重くなってるとかじゃないのか…うーん?
おっと遅刻するやっべやっべ
サイト運営者
月間アーカイブ(・∀・)
最新コメント
|・ω・)来訪者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ